審判・ルール・コミッショナー・TO

◆マンツーマン推進のためのリーフレット公開

JBAより

 2017年10月24日付で「マンツーマン推進のためのリーフレット」が公開されました。以下引用

当協会では、「プレイヤーズファースト」を尊重した、目先の勝利に捉われない長期的視点に立った指導の推進をし、バスケットボールを楽しみ、打ち込める環境作りと、日本全体の競技力の向上を目指し、「アンダーカテゴリー(15歳以下)でのマンツーマン推進(=ゾーンディフェンス禁止)」に取り組んでおります。 この度、マンツーマン推進の趣旨・内容を周知し、理解を深めていただくために、リーフレットを作成しましたので、下記の通りお知らせいたします。 ぜひご活用いただき、本取り組みの趣旨をご理解賜りますよう、引き続きご協力のほど、よろしくお願いいたします。

■マンツーマン推進リーフレット「なぜマンツーマンが必要か?」

http://www.japanbasketball.jp/wp-content/uploads/U15mandf_Leaflet_20171024.pdfURLをクリックいただくと、ご覧いただけます。 マンツーマン推進の取り組みに関する詳細は、JBA公式サイト内「マンツーマンの推進」特設ページにてご確認ください。(引用ここまで)

 長崎県ミニ連としても、マンツーマン推進の活動に取り組んでおります。指導者のみならず、選手や保護者の皆様にも周知していただけるようご協力をお願いいたします。【2017.10.27更新】

 

 

◆県ミニ連主催クリニックについて

競技力向上委員会より
 9月10日(日)に平成29年度U-12ブロックエンデバー伝達講習会が開催されます。県内全ての指導者を対象としたクリニックですので、多数の指導者の参加をお願いします。

文書はこちら 【2017.8.11更新】

 併せて、7月14日にJBA審判部より出された「2017-18プレイコーリング・ガイドライン」についての説明も行います。審判員の方も奮ってご参加ください。


◆「2017-18プレイコーリング・ガイドライン」について

審判部より
 7月14日付でJBA審判部より「2017-18プレイコーリング・ガイドライン」が出されました。これは審判員、プレーヤ ー、コーチの共通認識となる判定基準を定めたものです。よく理解をして指導に役 立てていただければと思います。

文書はこちら 【2017.8.11更新】